古希祝いに贈るプリザーブドフラワー

こだわりのデザインで祝うプリザーブドフラワー

こだわりのデザインで祝うプリザーブドフラワーで古希祝い 古希祝いを贈りたいけれど、良いものをたくさん持っているので何をあげたらいいのかわからない、本人に聞いても何にもいらないと言われる、などで贈り物選びに困っていませんか。
そんな時は、だれもが喜ぶお花を贈るのがオススメです。
特にプリザーブドフラワーなら、特殊な加工をしてあるので花の質感や色味が長持ちしますし、水やりの必要もないので、お年寄りの方にもぴったりです。
古希祝いのカラーは一般的には紫となってますので、紫の花のブーケ、芳香剤をかねたラベンダー、紫のバラ70本セットなどがメジャーです。
こだわりをもたせたいならば、思い出の写真とプリザーブドフラワーを写真立てに収めたもの、メッセージポエムとフラワーを枠に入れたもの、時計とプリザーブドフラワーを組み合わせたものなどがあります。
写真立てなら、大きさもコンパクトで場所もとりませんし、思い出写真と古希を象徴する紫のフラワーでいつまでも古希祝いの思い出を楽しんでもらうことができます。
メッセージポエムなら、古希祝い本人の長所や感謝の気持ちを込めれば、長生きしてきてよかったなと感慨にふけってもらうことができるでしょう。
時計は、古希のご長寿が今まで刻み続けてきた時間を祝福し、これからも年月を重ねて元気に生きてほしいという思いを込めることができますし、プリザーブドフラワーと組み合わせたものなら飾りとしても実用品としても素敵です。
大きさ、色、模様など様々ありますので、こだわりのデザインでお祝いしたい時には写真立て、メッセージポエム付、時計は特にオススメです。

70本の紫のバラをプリザーブドフラワーで

70本の紫のバラをプリザーブドフラワーで 70歳の古希祝いには、長寿のお祝いの色とされる70本の紫のバラをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
紫は精神性や芸術性を表す大変高貴な色とされていて、人生の区切りとなる古希にふさわしい色です。
生花のようにフレッシュでみずみずしいのに長持ちするプリザーブドフラワーなら、花を見るたびに想い出が蘇るような古希祝いになります。
とても珍しく気品に溢れる紫のバラですが、70本となるとかなりのボリュームです。
このようなゴージャスな花束でも、生花はしばらくすると枯れてしまいますが、プリザーブドフラワーは鮮やかな色と柔らかな質感を保ったまま長期間楽しめます。
適切な場所に置くことで数年はバラの花束を眺められるので、記念日のプレゼントに最適です。
プリザーブドフラワーは高温多湿の環境で劣化してしまうため、光の当たらない涼しい場所に置きます。
プリザーブドフラワーは、花瓶の水を交換したり鉢植えのような日々のお手入れは必要ないため管理がとてもラクで、クリアケースに入れておけばホコリが付くこともなくなるので、簡単にお掃除できます。
同じく長期保存ができるドライフラワーと違って生花の質感が維持できるため、古希祝いの時と同じ状態で花を楽しめます。

「古希祝い」関連リンク

お祝いにぴったりのプリザーブドフラワーを取り扱うサイト

古希祝いに贈るプリザーブドフラワー